RSS

【お知らせ】Amazonアカウントでお買い物ができるようになりました!詳しくはコチラ>>

幹事さんの宴会フードロス対策

幹事さんの宴会フードロス対策

幹事さんの宴会フードロス対策

「宴会の料理はこれで足りるだろうか?」と心配する幹事さん。
いえいえ幹事さん、これからは「宴会の料理は食べきれるだろうか?」を気にする時代です。
今回は幹事さんのフードロス対策についてご紹介します。

足りないかも?より、食べきれる量に

忘年会や新年会などを任された幹事さんの大きな悩みどころといえば、やっぱり料理選び。

「テーブルの上の料理が少なくなると不満が出るかも・・・」
「料理代をケチったのでは?」

という強迫観念(?)から毎回、「ちょっと余るくらい」の料理を注文する幹事さんも多いはず。

しかしこの「ちょっと余るくらい」が実は最近よく聞く社会問題「フードロス」に直結しているのをご存知ですか?

日本国内のフードロスの年間発生量は632万トン※1

これは全世界で貧困や空腹にあえぐ国や地域の人々への年間の食料援助量320万トン※2
の約2倍にも匹敵します。

それほどの膨大な量の食品ロスを出し続ける日本の食事の中でも、宴会料理の食べ残し量はなんとランチ・定食の約5倍※3 にもはね上ります。

幹事さんの「ちょっと余るくらいに・・・」という配慮が結果的には膨大な量の食品廃棄につながっているのです。

食べ物の生命を頂戴するという意味の「いただきます」

あらゆるものを尊敬して無駄なく生かす「もったいない」

そんな素敵な言葉が生まれた国としてはちょっと寂しい気がしますね。

日本はもはや戦後の貧しかった時代ではありませんし、会社の忘年会や新年会などの宴会の参加者もたぶん、育ち盛りの学生のようにおなかいっぱい食べたい人は少ないはず。
むしろダイエットへの関心の方が高いでしょう。

CSRの一環としてもエコやフードロス対策の意識を経営者や参加者と共有しつつ、「ちょっと余るくらい」よりも「食べきれる」量の料理が出る宴会をプロデュースできるのはやっぱり幹事さんだけ。

料理も会費も無駄にしないためにも宴会フードロスを改善するポイントを確認しておきましょう!


※1 農林水産省および環境省 平成25年度推計
※2 国連WFP資料 平成26年
※3 平成21年度農林水産省「食品ロス統計調査」

宴会フードロス5つの対策

宴会のフードロス対策は意識して行うことが大切。
その点、幹事さんチーム内でも、決め細やかな視点でケアできる女性幹事さんに協力を仰ぐ方がスムーズかもしれません。
幹事さんチーム全員でフォローしあいながら、次の5つの対策に取り組みましょう。
<宴会フードロス 5つの対策>

一、宴会場の予約をする前に、参加者の好みや食べられる量をチェック。
お店やコース、メニュー選びの参考にしましょう。

二、料理がたくさん残っているテーブルから少ないテーブルへと料理を積極的に分けましょう。

三、大皿料理は小皿に小分けして、食べやすく配膳しましょう。

四、宴席の中ごろ、お開き前には「食べきり」への協力を呼びかけて。

五、食べきれなかった料理はお店に確認して持ち帰りましょう。
簡易容器を用意してくれるお店も増えていますし、参加者のご家族へのお土産としても喜ばれます。


日本のフードロス(=食品ロス、642万トン/年)のうち実に約1/2(312万トン※4) が、家庭から排出されています。
「景品パーク!!」の「パネもく!」の食品景品は宴会のその場で渡されるのではなく、新鮮な食品がご自宅へ届くシステム。
つまり先様のご注文後の「食べたいとき」に届くので無駄がなく、ご家庭でのフードロス対策にも貢献しています。

  • 景品パークトップページ
  • 送料・決済方法
  • 幹事さん特典
  • ほしいものリスト
  • 景品パークの先頭へ戻る