景品パークでは人気景品景品ランキングから選べます

合計10,000円以上の購入で送料無料

ネットショップ大賞受賞!

ネットショップ大賞2020 ネットショップ大賞2021 ネットショップ大賞2023
  • 景品パークとは
  • 予算で選ぶ
  • カテゴリで選ぶ
  • ランキング
  • お客様レビュー
  • 景品コンシェルジュ
  • よくある質問
RSS

結婚式で盛り上がるエピソードビンゴとは?ポイントややり方を紹介

結婚式で盛り上がるエピソードビンゴとは?ポイントややり方を紹介

結婚式の定番のゲームといえば、ビンゴゲームを連想する人も、少なくないでしょう。しかし、新たに定番となりそうな、エピソードビンゴはご存知でしょうか?新郎新婦のことを深く知れるだけでなく、ゲストの誰もが楽しめるため、近年人気が高まっています。

この記事では、結婚式を盛り上げるエピソードビンゴについて、ご紹介します!やり方はもちろん、具体的なクイズ例やおすすめポイントも、合わせて解説しました。披露宴の演出に悩む新郎新婦、結婚式の二次会を任された幹事さんは、必見です!

目次

結婚式で盛り上がるエピソードビンゴとは?

結婚式で盛り上がるエピソードビンゴとは?

エピソードビンゴとは、従来のビンゴゲームに、新郎新婦にちなんだクイズをプラスした、新しいかたちのゲームです。ここからは、エピソードビンゴのルールや用意するものを、ご紹介します。

ルール・やり方

まずはエピソードビンゴのルールや、やり方について解説します。

1.エピソードクイズに回答してもらう(3つの選択肢から選ぶ方法がおすすめ!)
2.正解だと思う答えの番号を、ビンゴカードの好きなところに書く
3.ゲストが解き終えたら、クイズの答えを、実際のエピソードを交えながら発表していく
4.従来のビンゴと同じように、正解したらマスを消していき、縦・横・ななめのいずれかが揃ったらビンゴ!

新郎新婦に詳しいゲストが多いときは、2列揃ったらビンゴにする、などの条件をつけてもOKです。ゲストとの関係やゲームに充てる時間、エピソードの数などを考慮して、自分たちでアレンジもできます。

用意するもの

エピソードビンゴで事前に準備するものは、下記の3つです。

・エピソードと答えの選択肢が書かれたクイズ用紙
・3×3、または4×4のマス目があるビンゴカード
・人数分の筆記用具

3×3だと9問、4×4だと16問のクイズになります。

クイズの答えを発表するだけでなく、本人たちからエピソードを語るのが、このゲームの盛り上がるポイント!クイズが多すぎると、エピソードに触れる時間が短くなってしまうので、通常のビンゴよりマス目を少なくするのがおすすめです。

結婚式ですぐに使えるエピソードビンゴのクイズ例

結婚式ですぐに使えるエピソードビンゴのクイズ例

ここからは、すぐに使えるエピソードビンゴのクイズ例を、ご紹介します!

【定番編】

・初デートの場所はどこ?
・何回目のデートで付き合った?
・お互いのことをなんと呼んでる?
・1番好きな相手の手料理は?
・初めてのプレゼントは?
・プロポーズの言葉は?
・結婚式でこだわったポイントは?

【ユニーク編】
・2人が好きなアーティストのライブには何回行った?
数や頻度など「これだけは負けない!」という、新郎新婦ならではのエピソードは、インパクトもバツグン。共通の趣味や好きなものを盛り込むと、ゲストも2人のことをより深く理解できます。

・デート中、新婦がびっくりした新郎の行動とは?
2人しか知らない、おもしろいウラ話を披露するのも、場を盛り上げるのに効果的です。ゲストが「早く正解が知りたい!」と思う選択肢を、用意しておきましょう。

・30秒でお互いの好きなところを、どちらが多く言える?
実演を交えたクイズは、ゲストのテンションを上げること、間違いなし!のろけたり、仲の良さをアピールできたりするのも、結婚式ならではです。

結婚式で盛り上がるエピソードビンゴのおすすめポイント

結婚式で盛り上がるエピソードビンゴのおすすめポイント

ここからは、結婚式を盛り上げてくれるエピソードビンゴの、おすすめポイントを解説します。エピソードビンゴは、従来のビンゴゲームとは、ひと味違う楽しさが魅力の演出です。以下のおすすめポイントを参考に、結婚式の盛り上げに役立ててくださいね。

新鮮な気持ちで楽しめる

通常のビンゴゲームは、長年に渡り多くの結婚式で、定番のゲームとして取り入れられてきました。誰もが知っていますが、シンプルなルールゆえに、マンネリ化しやすいといったデメリットも…。エピソードビンゴは、ビンゴゲームのシンプルさがありながら、クイズの要素もあります。さらに新郎新婦のエピソードを、本人たちから聞けるため、ゲストを飽きさせません。同じビンゴゲームでも、ゲストみんなが新鮮な気持ちで楽しめるのが、エピソードビンゴの魅力です。

ゲストに新郎新婦のことをより知ってもらえる

ゲストに、新郎新婦のことをより知ってもらえるのも、エピソードビンゴの醍醐味です。結婚式には、出会った時期や知り合ってからの期間が、バラバラのゲストが参加します。このゲームを通して、新郎新婦の過去や性格などに触れることで、より2人に親しみを持てるでしょう。新郎新婦のことをより知ってもらい、ゲストとの関係を深めることで、結婚式がより特別なものになります。ゲームを通して知ったエピソードによって、ゲストとの今後が、より良いものになっていくかもしれません。

ゲスト同士の会話も盛り上がりやすい

エピソードビンゴは、ゲスト同士の会話を盛り上げるのにも、最適なゲームです。ゲスト同士、エピソードについて話し合うことで、自分たちの経験や思い出を共有できます。「そんなことあったの?」「こんなこともあったよね」と、会話のきっかけになるかもしれません。ゲスト間の交流が深まると、結婚式がよりあたたかく、思い出深いものになります。エピソードを話す時間と同様、ゲスト同士が相談しながら解答できる時間もあると、ベターです。

準備の手間が少ない

結婚式は、当日までに準備することが膨大にあるため、演出ひとつにかけられる時間は、そう多くはありません。しかし、エピソードビンゴで必要なものは、2人のエピソードとビンゴカード、筆記用具の3つだけ。準備の手間が少ない、といった点も、このゲームをおすすめできるポイントです。事前の準備に時間をかけずとも、盛り上がりは通常のビンゴにも、引けをとりません。2人でエピソードを出し合って、厳選したクイズを用意すれば、会場が盛り上がること間違いなしです。

結婚式でエピソードビンゴをするなら盛り上がる景品も用意しよう!

結婚式でエピソードビンゴをするなら盛り上がる景品も用意しよう!

エピソードビンゴは、さまざまなゲストをお迎えする結婚式を盛り上げるのに、ぴったりのゲームです。準備の手間も減らしつつ、参加者全員が楽しめるため、ぜひ取り入れてみてくださいね。そして、ビンゴゲームをするときは、ゲストの目を惹く景品も欠かせません!

『景品パーク』では、結婚式を盛り上げる豪華景品を、豊富に取り揃えています。お2人にちなんだ地域の特産品や豪華グルメ、体験ギフトなど、幅広い商品から簡単にお選びいただけます。お2人の結婚式にふさわしく、ゲストが笑顔になる景品選びは、ぜひわたしたちにお任せください!


景品パークがおススメする『結婚式二次会景品』

景品パークがおススメする『結婚式二次会景品』

結婚式の二次会の景品選びに、お困りではありませんか?景品パークでは、結婚式の二次会にぴったりの景品を、多数ご用意しています。景品選びに迷ったら、まずはランキングのチェックがおすすめ♪忙しくても内容にこだわりたい方は、楽々まとめ買いセットも、ぜひご活用ください!


景品パークがおススメする『結婚式二次会虎の巻』

景品パークがおススメする『結婚式二次会虎の巻』

「結婚式の二次会はなにから準備したらいいの?」「どんな内容がいいのかわからない…」そんな幹事さんに向けて、景品パークでは『結婚式二次会虎の巻』をご用意しました。会場探しをはじめ、演出やゲームなど、さまざまなお役立ちコラムを発信しています。初心者幹事さんはもちろん、ベテラン幹事さんも、必見です!

ゴルフコンペ協賛品おすすめ5選!選び方のコツも紹介

ゴルフコンペ協賛品おすすめ5選!選び方のコツも紹介

取引先やお得意様の企業とのゴルフコンペでは、協賛品の準備が必要な場合もあります。自社製品を持参できれば良いですが、すべての企業でできるわけではありません。また、協賛品の選び方でゴルフコンペの盛り上がり方も変わってくるでしょう。

とはいえ、ゴルフコンペの幹事を任されて、どんな協賛品を用意すればいいのか分からず悩んでいる方もいらっしゃいますよね。そこで本記事では、ゴルフコンペ協賛品の相場や選び方のコツを紹介しています。おすすめの協賛品も紹介しているため、ゴルフコンペの幹事さんはぜひ参考にしてくださいね!

目次

ゴルフコンペの協賛品とは?

ゴルフコンペの協賛品とは?

ゴルフコンペの協賛品とは、取引先やお付き合いのある企業とゴルフコンペを行う際に用意する品です。大切な取引先とのゴルフコンペに、手ぶらで行くのは少し申し訳ないですよね。協賛品は「差し入れ」と呼ばれることもあり、ゴルフコンペの景品として使用される場合もあります。

自社で作っている商品を用意する場合もありますが、事業内容によってはゴルフコンペに合う商品がない企業もあるでしょう。その場合は、ゴルフコンペの協賛品用に商品を用意して持参します。用意する協賛品の内容によって、ゴルフコンペの盛り上がり方も変わってきます。そのため、ゴルフコンペではいかに参加者が喜ぶ協賛品を用意できるかが重要です!

ゴルフコンペ協賛品の相場はいくらくらい?

ゴルフコンペ協賛品の相場はいくらくらい?

一般的に、ゴルフコンペ協賛品の相場は3千円から3万円といわれています。価格帯の幅が広いですが、ゴルフコンペの規模や取引先の企業との親睦の深さによって変動します。大切な取引先への協賛品は、価格の低いものよりは高級感があるものが喜ばれるようです。協賛品をゴルフコンペの景品として使う場合は、参加人数の1/2~1/3個程度を用意するのが一般的です。賞の種類や参加人数で、協賛品の価格を変えてみるのもいいですね!

ゴルフコンペ協賛品【選び方のコツ】

ゴルフコンペ協賛品【選び方のコツ】

ゴルフコンペで協賛品を用意するなら、相手に喜んでもらえる品を用意したいですよね。ここでは、ゴルフコンペ協賛品の選び方のコツを3つ紹介します。ぜひ、協賛品選びの参考にしてください!

誰にでも喜ばれるものを選ぶ

まずは、誰にでも喜ばれるものを選ぶのが基本です。ゴルフコンペの協賛品だからと、ゴルフ用品に限定する必要はありません。ゴルフ好きな方はグッズにもこだわりを持っていることも多いため、全員に喜ばれるグッズを用意するのは困難です。お子さんがいる参加者も多いゴルフコンペでは、家に持ち帰り家族が喜ぶものを選ぶのがコツです。特にグルメ商品は、年齢や性別がバラバラでも喜んでもらえるおすすめの協賛品です!

特別感があるものを選ぶ

せっかくのゴルフコンペの協賛品は、普段は買わないような特別感のあるものを選びましょう!高級グルメ・人気家電・体験チケットなどは、特別感もあり幅広い層に喜ばれるおすすめの協賛品です。価格相場である3万円なら、これらの品も購入可能です。特別感のある景品を用意すれば、モチベーションも上がって良いスコアが生まれるかもしれませんね!

持ち帰りしやすいものを選ぶ

ゴルフは、クラブや着替えなど荷物が多くなりがちです。お渡しする協賛品は持ち帰りしやすいものを選ぶと、相手もかさばる荷物が増えずに喜ばれるでしょう。とはいえ、ゴルフコンペの協賛品は家電や食品など、持ち帰りにくいものが人気です。その場合は、当日は目録のお渡しのみで、後日自宅に協賛品を配送するのがおすすめです。冷蔵や冷凍が必要な食品も、保管を気にせずにお渡しできます。目録景品は、お渡しする相手だけではなく、準備する幹事さんの持ち運ぶ手間を解消できるメリットもあります。

ゴルフコンペ協賛品おすすめ5選!

ゴルフコンペ協賛品おすすめ5選!

ここでは、実際にゴルフコンペ協賛品におすすめの品を5選紹介します。年齢や性別問わず、持ち帰って家族にも喜んでもらえる協賛品を集めました。

①ブランド肉

みんなが大好きなお肉は、ゴルフコンペで王道の協賛品です。特にブランド肉は、食べたいと思ってもいつでも気軽に買える品ではないですよね。ひとつのブランド肉に絞ってもいいですし、数種類のブランド肉を食べ比べできるようなセットも人気です!ただし、お肉は保管方法に注意が必要です。持ち帰りにも考慮し、もらった人が安心して食べられるように目録景品にしてお渡ししましょう。

②ご当地グルメ

ご当地グルメは、本来その土地に行かなければ食べられない特別感のある協賛品です。ゴルフコンペが終わった後も、自宅で旅行気分が味わえる楽しさがあります。ご当地グルメには、お肉や海鮮、ラーメンなどジャンルも豊富です。なかには、日本各地のご当地グルメから好きな品を選べるものもあります。人気観光地のグルメや参加者の出身地のグルメなど、参加者に合わせて喜んでもらえそうなご当地グルメを選びましょう!

③スイーツ

アイスクリームやケーキなどのスイーツも、ゴルフコンペでは人気の協賛品です!男性が多いゴルフコンペでも、有名ブランドのスイーツは持ち帰って家族にも喜んでもらえます。有名店のスイーツは、近くにお店がない場合もありとても喜ばれますよ!スイーツも冷蔵や冷凍が必要なものも多いため、目録景品にしてお渡しするのがいいでしょう。

④選べるカタログギフト

選べるカタログギフトは、もらった人が欲しいものを選べるため、当たり外れがない協賛品です。カタログギフトには、グルメやファッションアイテム、子ども用品などさまざまなジャンルが集められているカタログもあります。年齢や性別関係なく、欲しい商品が見つかるでしょう。かさばらずに好きなタイミングで選べるのも嬉しいポイントですね!また、予算に合わせたカタログギフトが見つかるのも幹事さんにはメリットです。

⑤食事券・ギフト券

食事券やギフト券は、受け取った人が自由に使い道を決められるため、もらって困る人はいない大人気の協賛品です。食事券は、カタログギフトのようにいくつかのお店からレストランを決めるタイプもあります。ギフト券なら、家族の欲しいものの購入に使えるため大喜びされますよ。持ち帰りもかさばらず、参加者も幹事さんにもメリットばかりです!

ゴルフコンペ協賛品は『景品パーク』におまかせください

ゴルフコンペ協賛品は『景品パーク』におまかせください

ゴルフコンペ協賛品について、価格相場や選び方のコツを紹介しました。選ぶ際は、持ち帰って家族に喜ばれるものや特別感のあるものがおすすめです。持ち帰りに考慮して、かさばらない品を選ぶと幹事さんも準備が楽になるでしょう。予算は3千円から3万円程度で選ぶのが一般的です。ゴルフコンペ協賛品をどこで準備するか迷う場合は、ぜひ景品パークをご活用ください!

目玉商品となる高級グルメや人気家電など、約1,000アイテムをご用意しています。参加賞やブービー賞として使えるプチギフトまでジャンルもさまざまです。持ち帰りに考慮した『パネもく!』は、当日にパネルと目録をお渡しして後日自宅に景品を配送できます。荷物の多いゴルフコンペでは、大変喜ばれる景品です!大切な取引先やお得意様が喜ぶ協賛品を用意して、ゴルフコンペを大成功させましょう!


景品パークがおススメする『ゴルフコンペ景品』

景品パークがおススメする『ゴルフコンペ景品』

ゴルフコンペでは、良いスコアを出すことはもちろん景品も参加者にとって楽しみのひとつです!景品パークでは、目玉景品から参加賞になるプチギフトまで約1,000アイテムをご用意しています。持ち帰りに便利な『パネもく!』なら参加者も幹事さんも大喜びです!ぜひ、チェックしてくださいね!


景品パークがおススメする『ゴルフコンペ幹事さん虎の巻』

景品パークがおススメする『ゴルフコンペ幹事さん虎の巻』

「ゴルフコンペの幹事を任されたけど何から始めたらいいのか分からない」そんな幹事さんのために、景品パークではゴルフコンペに関するお役立ち情報をまとめました。基本的なゴルフのルールから当日の進行まで、これさえ見ればゴルフコンペ幹事さんの全てが分かります!虎の巻を読んで、ゴルフコンペを大成功させましょう!

新潟県の有名な人気ご当地グルメおすすめ8選!

新潟県の有名な人気ご当地グルメおすすめ8選!

新潟県は北海道、岩手県、福島県、長野県の次で全国5番目の広さを誇ります。日本海に面しているだけでなく、冬はゲレンデとして大人気の山も多々あり自然に溢れています。また、1000年以上の歴史を誇る「白山(はくさん)神社」や重要文化財の「萬代(ばんだい)橋」を中心に、歴史ある観光スポットも多数あり、老若男女楽しめる観光地です。この記事では、新潟県の魅力と観光の時には絶対に食べておきたいご当地グルメをご紹介。新潟県へ行く際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

新潟県の魅力とは?

新潟県の魅力とは?

新潟県の魅力は語っても語りつくせないほどある観光地やアクティブスポットです。有名なところで言えば、笹川流れ(阿賀野川ライン遊覧船)や日本三大峡谷である清津峡、GALA湯沢スキー場や舞子スノーリゾート、かぐらスキー場など県内に40以上のスキー場など。春夏秋冬ほとんどの時期に、自然を満喫できるのが最大の魅力です。

また、自然だけでなく月岡温泉などの温泉旅館やお祭りなど、ゆっくりと観光もできるのも新潟のポイント。特に、8月に開催される長岡市の祭りで、日本三大花火のひとつである長岡まつりは、毎年全国から観光客が長岡に集まります。

新潟県の有名な人気ご当地グルメおすすめ8選!

新潟県の有名な人気ご当地グルメおすすめ8選!

新潟に詳しくない人でも、日本有数の米どころであることや、日本海という海の幸に恵まれた新潟県であることはご存知だと思います。ただ、そのグルメは新潟のごく一部であることは知らない方も多いのではないでしょうか。新潟には他にも定番グルメからローカルフードがたくさんあります。首相であるお米はもちろん、ご飯になるものからデザートまで、数えきれないほど。ということで、ここからは新潟県のご当地グルメを8選ご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

①魚沼コシヒカリ

新潟のグルメを語るうえ何よりも欠かせないのが新潟県を代表するお米のコシヒカリ。新潟県は農業産出額のおよそ6割が米であり、収穫量や農業産出額は全国1位を誇ります。特にコシヒカリは高い品質で知られていて、甘みや粘りが特徴的。地元民だけでなく各地から集まった観光客に愛され続けています。日本有数の米どころで一度味わってみてはいかがでしょうか。

②へぎそば

ご当地そばの代表格でもある「へぎそば」。特徴としては海藻の「ふのり」がつなぎに使われていることで、独特の弾力とツルツルとしたのど越しがたまりません。木を剥いで作った「へぎ」という器に3~4人前が盛り付けられているのがオーソドックスなへぎそば。旅行の際はみんなで枌を囲みながら味わいましょう。

③海鮮

佐渡市周辺で水揚げされる新鮮なアジ、「白身のトロ」とも呼ばれる日本海の高級魚であるノドグロ、刺身や寿司ネタとして食べるととろけるような食感が楽しめる甘えびを中心に、新潟は海鮮の宝庫です。糸魚川市の特産品であり能生漁港に揚がる味は甘みが強く、みずみずしくて風味も豊かなのが特徴の紅ズワイガニも忘れてはいけない一品。他にも代表的なものは、ホッケやシロギス、イカなどたくさんあります。

④イタリアン

B級グルメとして新潟県民が熱愛する一躍有名になったイタリアン。パスタではなく麺は中華麺を使い、ミートソースと白ショウガで炒められたのが新潟の「イタリアン」です。意外な組み合わせとも思えますが、モチモチ食感焼きそばの麺と甘めで優しい味のミートソースの相性は抜群。新潟県民にとっては「イタリアン」はイタリア料理ではなくこちらのイタリアンです!

⑤タレかつ丼

新潟市民から愛され続けてきたグルメ「タレかつ丼」も新潟のソウルフードの1つです。全国的に有名な卵とじのかつ丼とは違い、新潟市でかつ丼といえば「タレかつ丼」。揚げたてのサクサクを甘辛いしょう油ダレにジュワッと染み込ませホカホカのご飯にのせているのが特徴。新潟でかつ丼を注文すると、当然のようにタレかつ丼が出てきます。お店によって肉の厚さやタレの味が異なり、かつの呼び方も違うため、食べ歩き何軒か味わってみて違いを愉しむのも良いでしょう。

⑥ご当地ラーメン

日本で一番ラーメンの支出額が高い都市で、ラーメンが大好き新潟県民。全国に誇るラーメン王国である新潟では、新潟5大ラーメンとよばれる五つのラーメンが大本命。長岡市内のご当地ラーメン「長岡生姜醤油」や丼に麺が見えないほどの玉ねぎのみじん切りと豚の背脂に覆われた「燕背脂」を中心に、新潟濃厚味噌や新潟あっさり醤油、そして三条カレーという5つのジャンルがおすすめです。

⑦のっぺ

色鮮やかな新潟名物の郷土料理であり、新潟での正月料理のド定番であるのっぺ。根菜類やきのこなどにとろみをつけた煮物で、新潟県の代表的な家庭料理のひとです。人が集まる行事には必ず振舞われているそうで、市民にとって欠かせない味であり、市内の居酒屋から家庭まで、いたるところで気軽に食べられます。彩りも鮮やかのため夏は冷やして、冬は温かいままでおいしく、年中続けて地元民に好かれたご当地グルメです。

⑧笹団子

新潟を代表するお菓子として、笹団子は新潟グルメから忘れてはいけない存在の笹団子。上越新幹線で車内販売が行われるほどメジャーなグルメです。笹に包まれているのはヨモギたっぷりモチモチ食感のお団子。香りがお団子にまでしっかり浸透し、独特の風味がクセになります。老若男女に愛された笹団子をぜひ一度ご賞味あれ!有名な販売店も多いため、現地でハシゴをしながら好きな店を探してみるのも良いかもしれません。

ご当地グルメはギフトや景品にもおススメ!

ご当地グルメはギフトや景品にもおススメ!

新潟県に行ったら食べないと後悔するような絶品おすすめのご当地グルメを紹介しました。主食などがつりしたもの、もし新潟に行くときは、事前にマークしておきましょう。また、「なかなか旅行に行けない」という方でも、ご当地グルメのギフトがあれば、現地へ行かずともグルメを家で気軽に楽しめます。ギフトや景品としてグルメを検討している人は、ぜひ景品パークでご当地グルメを選んでみてくださいね♪


景品パークがおススメする『ご当地グルメ景品』

景品パークがおススメする『ご当地グルメ景品』

地域の数だけ特産品が存在し、日本中がグルメであふれている日本だからこそ、皆さん食べたことのないご当地グルメも多数存在します。そんな中、全国各地多数のグルメを気軽に自宅で楽しめるのが、ご当地グルメの最大のポイント。

どんなご当地グルメを景品にするか考えるイベントの運営側も楽しみながら、貰った人も嬉しい、素敵な景品です。ギフトとして最適なご当地グルメを景品パークはたくさん取り揃えています。イベントを行う際は、ぜひこちらを参考にしてみてくださいね!


景品パークがおススメする『幹事さん虎の巻』

景品パークがおススメする『幹事さん虎の巻』

イベントをするうえで先ず欠かせないのは、たくさん参加者でも盛り上がる歓声でもなく、幹事さんの存在です。幹事さんがイベントを楽しく運営していれば、自ずと参加者も集まり、歓声が起きるでしょう。幹事さんなしではイベントを実施すらできません。そんなどんなイベントでも必要な幹事さんを、あなたがいつ任されるか分かりませんよね。結婚式二次会やゴルフコンペ、会社のちょっとしたイベントなどの際に役立つ情報や、準備から当日の進行などは、ぜひこちらから。

群馬県の有名な人気ご当地グルメおすすめ8選!

群馬県の有名な人気ご当地グルメおすすめ8選!

群馬県は、関東平野の北西部に位置し、さまざまな姿を魅せてくれる大自然が特徴的。特に首都圏の水かめともいわれている面積日本一の利根川は圧巻です。また、地元民だけでなく首都圏や南東北の人たちを中心にスキー場も愛されています。

自然だけではなく前橋祭りや高崎祭りなど祭りや行事、県内各所にあるたくさんの温泉地、四季折々の自然を楽しめる赤城山や碓氷峠など、魅力がたくさん詰まっている群馬県は数えきれないほどの観光スポットに溢れています。今回は、そんな魅力あふれる群馬県のおすすめご当地グルメをご紹介します。

目次

群馬県の魅力とは?

群馬県の魅力とは?

草津温泉や鬼怒川温泉などの温泉地、中禅寺湖やあしかがフラワーパークのような自然スポット、国の史跡に指定されている富岡製糸場やなど回りきれないほどの観光スポットが魅力の群馬県。そんな群馬県の魅力はスポットだけではありません。利根川で行われているアクティビティやみなかみのラフティングなど、アクティブコンテンツも多数。一日中遊んでも遊びつくせないほどの観光スポットがあります。

群馬県の有名な人気ご当地グルメおすすめ8選!

群馬県の有名な人気ご当地グルメおすすめ8選!

群馬県は数えきれないほどの観光スポットや、群馬県の大自然の魅力についてご紹介してきました。一度は行ってみたいところばかりでしたが、群馬県の魅力はそれだけではありません。観光のメインイベントと言っても過言ではない、ご当地グルメを楽しまずしてどうしましょう。ということで、ここからは群馬県のご当地グルメを8選ご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

①おっきりこみ

農家の方々が忙しいながらも限られた時間で、美味しいものを作ろうとして、地元の野菜や地粉をたくさん使い、代々受け継がれてきた郷土料理のおっきりこみ。小麦粉をベースに作った無塩の幅広麺を、ニンジンや長ねぎ、大根や里芋、しいたけやじゃがいもなど旬の野菜を一緒に煮込むのが特徴です。味付けはお店や糧でさまざまですが、しょうゆやみそ、またはしょうゆとみそのミックスで味付けすることがほとんどです。

②高崎パスタ

人口当たりのパスタ店が全国の中でも多いといわれる群馬県の高崎市。全国有数の小麦の産地である群馬県では、おっきりこみに限らず小麦粉を使った粉もの料理は、市民の生活とは切っても切れない存在です。そして、パスタ料理も粉もの料理の一つとして、老若男女を問わず愛されています。市内のイタリア料理店などがパスタの味と魅力を競い合う「キングオブパスタ」というイベントが開催されており、なんと来場者の投票で決定されるという料理人のこだわりがぶつかり合います。

③焼きまんじゅう

現地に行ったら2食は食べておきたいのが焼きまんじゅう。特にお花見や夏祭りなどで屋台から香ばしい香り広がり、来る人たちを魅了してきます。小麦粉と米糀から作られた素のまんじゅうに、甘味噌だれを塗って焼き上げたもので、群馬が誇るソウルフードです。

県内ではとてもポピュラーな郷土食ですが、形や大きさ、味噌だれの甘さ辛さなど、地域によって異なるのも面白いとところです。前橋市で商売繁盛を願って行われる初市など、さまざまな場所で愛されている焼きまんじゅうは一度食べたらやみつき注意です。

④上州牛

利根川水系の豊富な水資源と上毛三山(赤城山・榛名山・妙義山)に囲まれたすばらしい環境に育てられた群馬の肉牛は、風味の豊かな牛肉が特徴的。自然の中で放牧されて育つため、筋肉が発達し身が引き締まった赤身は絶品です。旨みがありつつもさっぱりした味が特徴で、ブランド牛の中でも、上州牛はたくさん食べても飽きないと人気を誇っています。

⑤水沢うどん

秋田県の稲庭うどん、香川県の讃岐うどんというビッグネームの二大巨頭に並び、日本三大うどんのひとつとして挙げられている水沢うどん。清らかな水と塩だけで丹念に鍛えられた麺は透明感のある艶と、つるつるとした喉ごしがポイントです。また、伊香保温泉街の近くにある水澤寺の周辺には、「水沢うどん街道」と呼ばれているほどに水沢うどんを提供する店が軒を連ねていています。伊香保温泉へお立ち寄りの際は、せひ食べてみましょう!

⑥赤城牛

群馬県は「すきやき県」と呼ばれるほど、全ての食材が県内でそろいます。そして、すき焼きといえば忘れてはいけないのが、お肉です。清らかな水と澄んだ空気など豊かな自然で育てられた、群馬県のブランド牛は、すき焼きとの相性もバッチり◎脂肪交雑、肉の光沢、きめ細かさなど肉質が特に優れた遺伝的特性を持っています。 愛情とこだわりを持って育てられた赤城和牛は、霜降りと赤身のバランスが抜群です。

⑦みそパン

特製の味噌ダレを自家製のパンにサンドした群馬のご当地パンで有名な「みそパン」。群馬のパン屋さんに行けばみそパンを見ることが多く、庶民の味として親しまれています。もちもちの生地の甘さとしょっぱさを兼ね備えた美味しいみそパン。一度食べたらクセになること間違いなし!遠方からもれを目当てにわざわざ買いにくるという、知る人ぞ知る沼田の名物パンなのです。一度食べたらクセになる味です。是非ご賞味ください。

⑧ソースカツ丼

群馬は30種以上の銘柄豚が存在するほど豚肉の名産地です。県内で生産された小麦をエサとして育てる麦豚など飼育方法にこだわり、肉の品質やおいしさを追求されています。特に前橋市は、全国屈指の豚肉産出額で上位を争っています。

そんな豚肉の名産地である群馬で、元祖のソースカツ丼はとある鰻屋と言われています。伝統の鰻のタレにウスターソースをブレンドしたオリジナルソースで作ったソースカツ丼が人気を集め、そこから色んな店に広がっていきました。ソウルフードとして特に愛されているのが「ソースカツ丼」を是非ご賞味あれ。

群馬県のご当地グルメはイベント景品やプレゼントに喜ばれる!

群馬県のご当地グルメはイベント景品やプレゼントに喜ばれる!

群馬県に行ったら“食べないと後悔する”ようなおすすめのご当地グルメを紹介しました。足を運ぶ際はぜひ、ご紹介したどれかは試してみてくださいね。また、「なかなか旅行に行けない」という方でも、ご当地グルメのギフトがあれば、現地へ行かずともグルメを家で気軽に楽しめます。選んで楽しく嬉しくなれるご当地グルメは、年代や性別を選ばず、万人に愛されるギフトです。ギフトや景品としてグルメを検討している人は、ぜひ景品パークでご当地グルメを選んでみてくださいね♪


景品パークがおススメする『ご当地グルメ景品』

景品パークがおススメする『ご当地グルメ景品』

同じ自然に囲まれた日本でも、気候が異なるため、地域の数だけ特産が存在します。全国各地多数のグルメを気軽に楽しめるのが、ご当地グルメの最大のポイント。食のエンターテイメントである日本のグルメを、現地に行かずとも気軽に食べられるご当地グルメは、ギフトとして最適!景品パークはさまざまなご当地グルメを取り揃えています。


景品パークがおススメする『幹事さん虎の巻』

景品パークがおススメする『幹事さん虎の巻』

さまざまなシチュエーションで必要な存在となる幹事さん。あなたも、いつ任されるかは分かりません。こちらのページでは、結婚式二次会やゴルフコンペ、ボウリング大会、会社のちょっとしたイベントなどの際に役立つ情報やアイデアをご紹介しています!準備から当日の進行、盛り上げるコツなど幹事として押さえておきたいポイントをまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。景品パークは幹事さんの味方!です。幹事が未経験の方もベテランの方もぜひチェックしてみてください!

栃木県に行ったら食べたいご当地グルメ8選!

栃木県に行ったら食べたいご当地グルメ8選!

世界遺産に登録されている日光や四季折々の自然があふれる那須高原、季節によって景色がガラッと変わる中禅寺湖や大藤棚で有名なあしかがフラワーパークなど、名所がたくさんが揃っている栃木県。そんな栃木県には他にもグルメや鬼怒川温泉など、観光しようと思ってもしきれないほどのスポットがあり、県内全体が多くの観光客でにぎわっています。この記事では栃木県の特徴やご当地グルメを紹介していきます。

目次

栃木県はどんなところ?

栃木県はどんなところ?

特に栃木県の日光にある標高2,486mの男体山(なんたいさん)、女峰山(にょほうさん)、赤薙山(あかなぎさん)を中心として美しい自然が魅力的です。自然と言っても春先や紅葉などではまるで別世界の美しさがあり、一度や二度の観光では体験しきれないほどの大自然があふれています。さらに、火山活動に等によって創られた湖沼、湿原、滝などは国立公園に指定されていて、一度は見ておきたいスポットです。

また自然だけでなく、宇都宮市はバーの街としても有名な街です。カクテル技能競技の全国大会で、多くの優勝者を輩出されてきたことで、業界では銀座と比肩すると言われています。優秀なバーテンダーたちが互いに切磋琢磨していくことで、良質なバーが増え、カクテルを楽しむ人々も増えたようです。

カクテルのPRと地元の活性化を目指す市内のバー38店舗のバーテンダーによって「宇都宮カクテル倶楽部」が発足され、年2回イベントを開催しています。
屋外スペースに県内外から多くの人を集め賑わっているようで、宇都宮に行くことがあればチェックしておくと良いでしょう。

栃木県の人気ご当地グルメおすすめ8選!

栃木県の人気ご当地グルメおすすめ8選!

栃木県の語りきれないほどの魅力の一部をご紹介してきました。いくつもの自然や観光スポット、一度は愉しんでみたいバーなど、目白押しでしたが、栃木県を語る上では外せないものがあります。それはご当地グルメです。全国的に有名な物から、知る人ぞ知るグルメまで、栃木県のご当地グルメを8選ご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

①とちおとめ

生産量が全国ナンバーワンのいちご王国といわれる栃木県で生産されていて、その栃木県内で最も生産量が多いのが「とちおとめ」。大きな粒で美しい真っ赤な発色、そして甘くてジューシーな果汁が魅力のとちおとめは11月から4月の終わりまでが特に美味しく食べられるシーズンです!

甘みと酸味のバランスがよくジューシーな味わいを一度は体験してみてはいかがでしょうか。県内にはご当地スイーツだけでなく、実際に収穫したとちおとめをその場で味わえるいちご狩りを行っている農園もあるため、冬の栃木旅行の際は立ち寄ってみるのがおすすめ。

②佐野ラーメン

全国津々浦々にあるご当地ラーメンですが、栃木では名水百選に選ばれた出流原弁天池がある名水の街にある「佐野ラーメン」が有名です。名水の街の水を使用したスープは、透き通った鶏ガラベースのあっさりだけどコクのある醤油味スープは絶品です。コシのある青竹うち平麺と相性抜群です。豚骨ベースのスープで店を出しているラーメン屋さんも多く、どっちを食べるか迷ってしまいます。

③宇都宮餃子

餃子といったら宇都宮、宇都宮といえば餃子、というほどに誰もが知るご当地グルメ。たくさんの店があるため、どこの餃子を食べて良いのか分からなくなるほど。お店によって皮の厚みや焼き加減、生地や肉の下味、肉汁の旨味がことなるためどの店で餃子を食べるか決められない人も多数いるとか。

宇都宮餃子は野菜中心で、お肉はあくまで味付けをするための材料というにも関わらず、びっくりするほどの肉汁の餃子を食べられます。定番は焼き餃子ですが、通な人や餃子好きの中には名店の水餃子を楽しむ人もいるとか。現地に行ったら2食は食べておきたいですね。

④塩豆大福

栃木はおかずやご飯などのご当地グルメだけでなく甘味系グルメも多数あります。シンプルな素材と味わいが老若男女に愛されていて、宇都宮市や佐野市を中心とし多くの和菓子屋さんで作られているお塩の効いた塩豆大福が代表例です。甘さは控えめのものが多いですが、もちもちの皮がクセになりリピーター続出している人気お菓子。やさしい甘さと塩っ気が絶妙なバランスの大福をお試しあれ。

⑤けんちん汁

栃木県のソウルフードと呼ばれているけんちん汁は、精進料理としても沢山の人たちに愛されています。さといもや、ごぼう、しいたけなど秋から冬にかけて収穫される野菜を使ったメニューが定番ですが、春や夏にも、季節の野菜を使用して親しまれています。健康にもよいとされており、旅行で使い倒した胃腸を休ませながらソウルフードを楽しんでみてはいかがでしょうか。

⑥スープ入り焼きそば

見た目はラーメン、食べると焼きそば、そんな不思議なご当地グルメがスープ入り焼きそば。栃木県那須塩原市にある塩原温泉郷周辺を中心にB級グルメは現地の人と観光客ともに、多くの人たちに堪能されています。食べていくうちに醤油味のスープにソース焼きそばがだんだんと調和していき少しずつ味わいが変わっていくのが特徴で、一度食べるとやみつきでクセになる一品です。

⑦いもフライ

戦後に行商人が売り歩いたのが始まりとされている、蒸したジャガイモを串に刺し揚げた後に特製ソースをかけたB級グルメです。特製ソースは地元の店舗それぞれでブレンドしてあるため、お気に入りの味を見つける楽しさもあります。蒸したじゃがいもの甘さと、すこし塩っ気のあるすっきりとしたソースの相性が抜群でたまりません。佐野市内では、いもフライを食べられる店舗が約20店舗ほどあり、いもフライマップを持って複数のお店で食べ比べる人も多いようです。

⑧ソースカツ丼

ふっくらと炊き上あがった県産コシヒカリに、良い塩梅でソースが絡んだやわらかいヒレカツをのせたソースカツ丼。ソースカツ丼の発祥の地として知られる足利市内では、ソースカツ丼を食べられる店舗が数十店舗もあるそうです。

ご飯とカツの間にキャベツを挟む、レモンを添える等、店舗による様々な工夫でオリジナルの味が楽しめるのが足利市内でのソースカツ丼の楽しみ方かもしれません。鼻に抜ける香りが食欲をそそる濃厚なソースがからんだカツはキャベツや白米と相性抜群で、箸が止まらなくなります。

栃木県のご当地グルメはイベント景品や贈り物にピッタリ!

栃木県のご当地グルメはイベント景品や贈り物にピッタリ!

栃木県に行ったら“食べないともったいない”“一度は試してみたい”おすすめのご当地グルメを紹介しました。足を運ぶ際はぜひ、ご紹介したどれかは試してみてくださいね。また、「なかなか旅行に行けない」という方でも、ご当地グルメのギフトがあれば、現地気分をおうちで気軽に楽しめます。

あげる方も貰う方も、選んで楽しく嬉しくなれるご当地グルメは、年代や性別を選ばず、万人に愛されるギフトです。ギフトや景品としてグルメを検討している人は、ぜひ景品パークでご当地グルメを選んでみてくださいね♪


景品パークがおススメする『ご当地グルメ景品』

景品パークがおススメする『ご当地グルメ景品』

同じ自然に囲まれた日本でも、気候が異なるため、地域の数だけ特産が存在します。全国各地多数のグルメを気軽に楽しめるのが、ご当地グルメの最大のポイント。食のエンターテイメントである日本のグルメを、現地に行かずとも気軽に食べられるご当地グルメは、ギフトとして最適!景品パークはさまざまなご当地グルメを取り揃えています。


景品パークがおススメする『幹事さん虎の巻』

景品パークがおススメする『幹事さん虎の巻』

さまざまなシチュエーションで必要な存在となる幹事さん。あなたも、いつ任されるかは分かりません。結婚式二次会やゴルフコンペ、会社のちょっとしたイベントなどの際には、お役立ち情報や準備から当日の進行など、こちらの情報を参考にしてみてくださいね。景品パークは幹事さんの味方!です。ぜひご覧ください!

茨城県に行ったら食べたいご当地グルメ7選!

茨城県に行ったら食べたいご当地グルメ7選!

日本全国で2位の広さを誇る湖“霞ヶ浦”や日本三名瀑“袋田の滝”など、豊かな自然に恵まれた茨城県。自然だけでなく日本三名園“偕楽園”やネモフィラで有名な“国営ひたち海浜公園”など、観光地もたくさんあり、県内全体が多くの観光客でにぎわっています。この記事では茨城県の特徴やご当地グルメを紹介していきます。

目次

茨城県の特徴は?

茨城県の特徴は?

緑豊かな里山や広大な田畑、海や湖など水の自然が同居する茨城。キャンプやマリンスポーツを楽しみたい人にとっては申し分ないロケーションが多数で、多くのアウトドア好きを刺激してくれます。自然だけでなく、東京とのアクセスが良好なのも嬉しいポイント。“神磯の鳥居”や日本三大稲荷で有名なパワースポット“笠間稲荷神社”、世界の海の生物に出会うことができる“アクアワールド茨城県大洗水族館”や“シルバニアパーク”など、旅行先が多数あり、どこを観光するか迷ってしまいます。

茨城県に行ったら食べたいご当地グルメ7選!

茨城県に行ったら食べたいご当地グルメ7選!

伝統的な建造部や豊かな自然、老若男女楽しめる観光地だけでなく、茨城県に行ったら一度は食べておきたいご当地グルメがたくさんあります。旅行の際には、食べないと後悔しそうなローカルフードを食べておきましょう!国内2番目の大きさを誇る霞ヶ浦とその水が育んだ湖水の幸に囲まれた茨城県は、全国有数の農作物生産地です。

そんな豊富な食材と各地域の特性が上手く融合して発展し茨城の食文化が形成されてきました。全国的に知られているご当地グルメは少ないかもしれませんが茨城県内にはバラエティに富んだ名物料理がたくさんあります。ここからは茨城県のご当地グルメを7選ご紹介します。超有名な物からコアなものまで紹介していますので、ぜひ読んでみてくださいね。

①けんちんうどん

暖かいけんちん汁に冷たいソバやうどんをつけ麺のようにくぐらせて食べる茨城県の郷土料理、けんちんうどん。香りの良いソバと具だくさんなけんちん汁の相性は言わずもがな抜群です!一度食べると、またすぐに食べたくなってしまいます。例えばお酒をのみすぎた翌日や、チートデイで肉を食べ過ぎた次の日に具沢山で野菜たっぷりのけんちんうどんは胃腸をいたわってくれるので、おすすめです。

②ナマズ

琵琶湖に次いで2番目に大きな湖である霞ケ浦の恵みであるナマズを使ったナマズ料理は、茨城に行ったら食べておかないともったいないご当地グルメです。外見とは異なり、捌いてもらうとタイやヒラメと変わらない見た目をしているのが特徴。ポン酢で食べるとあっさりした味わいと適度な弾力が魅力的で刺し身やハンバーガーなど食べ方がさまざま。茨城のお店によっては、ナマズ懐石のようなメニューで、薄造り・かば焼き・天ぷら・すしなど堪能できる店もあるようです。

③水戸納豆

茨城のご当地グルメと言えば鉄板の納豆。世界中から熱い注目を浴びていて、健康面でも抜群の人気を誇るスーパーフードとなっています。納豆の起源は遥か弥生時代にまで遡るともいわれていて、家臣が主人の義家に献上したことから「納豆(将軍に納めた豆)」と名付けられたという説も。

また、地元の茨城では切り干し大根と合わせ醤油に漬け込まれた「そぼろ納豆」というご当地グルメが定番で、一度食べるとやみつきになる方も多数。さらにお茶漬けにして食べるのも人気だそうで切り干し大根がアクセントになりさらっと食べられる一品。

④常陸牛

松坂牛や神戸牛など全国にブランド牛は多数存在しますが、茨城県の牛肉も絶品です。茨城県の黒毛和種として品質が高い常陸牛は、県内の指定生産業者が育てた但馬牛系黒毛和牛のうち、食肉取引規格A4・B4以上に格付けされた最高級の牛肉ブランド。

脂がのった赤身の肉質が特徴で、とろけるような食感と美味しさは料理人からも絶賛されています。好みの焼き方でステーキにして味わうのもいいですが、肉の味を味わうならしゃぶしゃぶもおすすめ!県内ではすてーきだけでなくハンバーグで気軽に食べられる店も多数で、茨城に行ったら食べておきたい極上グルメです。

⑤スタミナラーメン

言わずと知れた茨城のご当地グルメである、スタミナラーメン。スタミナラーメンのはじまりは1970年代初頭の勝田市(現ひたちなか市)の中華料理店と言われていますが、今では水戸市周辺を中心に幅広く提供されています。

学生たちに安くても栄養ある食事をしてもらいたいというコンセプトから当時捨てられてしまうことの多かったレバーや、安価で入手しやすかった県産の野菜を具材に使い始めたのがきっかけだそうです。冷水でキュッとしめたモチモチ太麺に、野菜たっぷりでとろみの強いアツアツの甘辛餡をたっぷりとかけられたご当地グルメは茨城に行ったら外せない一品。

⑥あんこう鍋

水深100m以上の海底域に生息している深海魚あんこう。容姿からは想像できないほどのタンパクな味わいで低カロリーな魚です。骨以外は捨てるところがなく身・皮・内臓・ヒレなど全てが食材と言われていて、特に肝臓(アンキモ)は濃厚な味わいでしかも栄養価が高く「海のフォアグラ」とも称されています。茨城において冬の味覚の代名詞である「あんこう料理」がメジャーで、身が締まって肝が肥大化する冬が旬の時期で12月から2月に茨城に行くことがあればマストで食べておきたい一品です。

⑦ほしいも

全国のシェアの9割を誇る茨城県の特産品ほしいも。ひたちなか市・東海村・那珂市を中心に茨城を語るうえで欠かせないグルメです。原料であるさつまいものみを使用し、添加物を一切使用せず自然の甘さが楽しみながら安心して食べられるのが最大のポイント。

また、生産量が多い理由は、冬季の長い晴天やミネラルを含んだ潮風、そして水はけの良い土壌など恵まれた環境面の影響が大きいです。こだわりぬかれた「蒸す・切る・乾燥させる」の工程一つひとつに熟練の技があってこその質の高さも申し分なし。

ご当地グルメはギフトや景品にもおススメ!

ご当地グルメはギフトや景品にもおススメ!

茨城県に行ったら“食べないともったいない”おすすめのご当地グルメを紹介しました。茨城に行ったらぜひどれかは食べてみてくださいね。また、「なかなかご当地に行けない」という方でも、ご当地グルメギフトであれば、現地気分をおうちで気軽に楽しめます。グルメを堪能できるご当地グルメは、あげる方も貰う方も、選んで楽しく嬉しくなれるので、老若男女に愛されるギフトです。

本来その地域に行かなければ食べられないご当地グルメでも、景品パークを利用すれば、ご自宅で美味しい料理と旅行気分が味わえます♪ギフトや景品としてグルメを検討している人は、ぜひ景品パークでご当地グルメを選んでみてくださいね♪


景品パークがおススメする『ご当地グルメ景品』

景品パークがおススメする『ご当地グルメ景品』

四季や山海など自然に囲まれた日本では、全国各地で特産が数えきれないほどにあります。たくさんのご当地グルメが点々としている日本は食のエンターテイメント。現地に行かずとも気軽に食べられるご当地グルメは、ギフトとして最適!景品パークはさまざまなご当地グルメを取り揃えています。


景品パークがおススメする『幹事さん虎の巻』

景品パークがおススメする『幹事さん虎の巻』

意外と任されるシーンが多い幹事さん。結婚式二次会やゴルフコンペ、会社のちょっとしたイベントなど、さまざまなシチュエーションで必要な存在です。景品パークはそんな幹事さんの味方!お役立ち情報や準備から当日の進行など、イベント幹事さんのためになる参考情報など多数ご用意!ぜひご覧ください!

結婚式二次会の景品は誰が買う?費用相場や用意する際のポイントを紹介

結婚式二次会の景品は誰が買う?費用相場や用意する際のポイントを紹介

結婚式二次会といえば、ビンゴゲームやクイズ大会で盛り上がるのが定番。そしてゲストが楽しみにしているのがゲームの景品です。結婚式二次会の成功のカギは、ゲストが喜ぶ景品にかかっていると言っても過言ではありません。では、その景品は誰が用意するのか、費用相場はどのくらいか気になることも多いですよね。

そこで本記事では、結婚式二次会の景品は誰が買うのが一般的か、費用相場や用意する際のポイントを紹介します。これから結婚式二次会の計画を立てる新郎新婦さんや幹事さんは、ぜひ参考にしてくださいね!

目次

結婚式二次会の景品は誰が買う?

結婚式二次会の景品は誰が買う?

景品の個数や予算が決まったら、店舗やネットで景品を購入します。その際、景品を買う人は新郎新婦か幹事の2パターンが一般的です。新郎新婦が景品を購入する場合、メリットは金額や景品の内容が明白という点です。信頼できる人に幹事を任せる方がほとんどだと思いますが、金銭トラブルや思っていた景品と違っていたという事態を避けたい方は新郎新婦で用意しましょう。

また、幹事が景品を用意する場合は景品内容を内緒にできるため、サプライズ企画ができたり新郎新婦にも楽しんでもらえたりするメリットがあります。一方で、買い出しした人の自宅が景品の保管場所になることが多いため、幹事の自宅に保管スペースが必要というデメリットもあります。

結婚式二次会景品の費用相場は?

結婚式二次会景品の費用相場は?

結婚式二次会の景品の費用相場は、ゲストの人数×1,000~2,000円が相場です。例えば、参加人数が30人の場合、30人×1,000円で30,000円、豪華景品を用意したければ30人×2,000円で60,000円が景品の予算になります。また、景品の予算は新郎新婦が負担する場合と、会費に含める場合の2パターンです。

新郎新婦が負担する場合、ゲストは飲食代のみの会費になるため負担を減らせます。会費に景品予算を含める場合、飲食代が5,000円で景品代が1,000円なら会費は6,000円、景品代が2,000円なら7,000円と設定しましょう。会費が高くなりすぎるとゲストの負担が増え、不満も出やすくなるため会費に上乗せする金額は高くても2,000円程度に抑えるのがポイントです。

結婚式二次会景品を用意する際のポイント

結婚式二次会景品を用意する際のポイント

ここでは、結婚式二次会で景品を用意する際のポイントを5つ紹介します。いつまでに用意するべきか、景品の個数など詳しく紹介していくのでぜひ参考にしてくださいね!

二次会の1ヶ月前までには用意する

景品の個数や、どのような景品を用意するかによって準備の手間は異なりますが、二次会の1ヶ月前までには用意するようにしましょう。最新の家電や話題の景品は、品切れで取り寄せが必要な場合もあります。また、二次会がクリスマスや歓送迎会の時期などと重なると、さらに手に入りにくくなるため注意が必要です。ネットで注文する際も、手元に届くまでに時間がかかる景品もあります。注文前に発送のタイミングを確認してから注文しましょう。

迷ったらゲストの3~4割に景品を用意する

実際に、景品をどのくらい用意すればいいのか迷ってしまいますよね。景品内容や予算によっても異なりますが、迷ったらゲストの3~4割になるように用意するのがおすすめです。内訳は目玉景品が1割、その他の景品が2~3割、残りは参加賞やプチギフトなどに振り分けるとバランスが良くなります。景品の数が多過ぎるとゲームに時間がかかってしまい、他のプログラムへ影響が出てしまいます。会場の時間は限られているため、参加人数や他の余興などもふまえて、景品の数を決めるといいでしょう。

上位は豪華景品を用意する

予算を平均的に分配し景品を多く用意して、たくさんのゲストに景品が渡るようにするのも一つの方法です。しかし、二次会を盛り上げたい、記憶に残る二次会にしたいと考えている場合は、上位を豪華景品にすると盛り上がります。豪華景品は、1~3位くらいの数名にすると予算もかけられるでしょう。景品の選び方は、話題になっている景品や自分ではなかなか買わないけどもらったら嬉しい、と思う景品が喜ばれますよ!

持ち帰りが大変なものは後日配送にする

結婚式二次会で用意する定番の景品といえば、グルメ景品や人気家電などがありますよね。しかし、これらの景品は冷蔵が必要だったり重かったりゲストの持ち帰りに負担がかかります。もし持ち帰りが大変な景品を用意する場合は、後日自宅に配送するなど考慮しましょう。最近は、当日に目録をお渡しして後日配送する「目録景品」もあります。新郎新婦や幹事さんが、式当日までの保管や会場に持ち込む手間がないため、双方にメリットがありおすすめです!

予算を抑えるならまとめて購入するのがおすすめ

予算をなるべく抑えながらゲストが喜ぶ景品を用意したい方は、まとめて購入するのがおすすめです。まとめての購入ならセット価格でお得に購入できるだけではなく、何店舗もお店を回るなどの手間がはぶけるメリットもあります。景品を専門に取り扱っているお店だと、ゲストが喜びそうな景品を中心にセットになっているため、悩むことなく盛り上がる景品セットが購入できます!

結婚式二次会におすすめの景品例

結婚式二次会におすすめの景品例

景品を用意する際のポイントは分かったけど、実際に何を選べばいいのか悩んでしまう方もいますよね。ここでは、結婚式二次会におすすめの景品例を4つ紹介します。

ご当地グルメ

日本各地にあるご当地グルメは、自宅でも旅行気分が味わえる特別感があるため結婚式二次会の景品として大変人気があります!また、形に残る景品は好みやすでに持っているなど選ぶのが難しいですが、食品のような「消えモノ」は相手も気兼ねなく受け取れるメリットがあります。新郎新婦の出身地からご当地グルメを選ぶのもおすすめです!

ブランド肉

みんなが大好きなブランド肉は、食べたいと思っていてもいつでも手軽に買える品ではないですよね。そんなブランド肉を上位景品に用意すると大盛り上がりしますよ!性別や年齢もバラバラなゲストが集まる結婚式二次会では、ブランド肉のようにみんなが好きな景品は外せません!持ち帰れば家族もきっと喜んでくれるはずです!

生活家電

最新の生活家電や話題になっている生活家電は、目玉景品として男女問わず盛り上がる景品です!いくつかの家電から選べるカタログギフトなら、自分の欲しい家電やまだ持っていない家電から選べます。家電は重いものが多いため、持ち帰りに考慮して目録景品にして後日郵送するのがおすすめです。

体験ギフト

体験ギフトは、結婚式二次会が終わった後も楽しみがひとつ増えるおすすめの景品です!形に残らないギフトのため、ゲストも気兼ねなく受け取れ楽しむことができます。チケットはかさばらずに用意でき、幹事さんの保管やゲストの持ち帰りも楽にできるメリットがあります。

結婚式二次会景品は『楽々まとめ買い景品セット』がおすすめ

結婚式二次会景品は『楽々まとめ買い景品セット』がおすすめ

結婚式二次会の景品は、新郎新婦か幹事が用意するのが一般的です。ゲストの人数から予算や景品の個数を決めるようにしましょう。また、「忙しくて景品を用意する時間がない」「何を用意すれば喜んでもらえるか分からない」と悩んでしまう方には『楽々まとめ買い景品セット』がおすすめです。

景品パークでは、渡す人数や予算から選べるまとめ買いセットをご用意しています。人気のグルメ景品や体験ギフトを中心に、ゲストに喜んでもらえる景品を集めました。景品を選ぶ時間を短縮したい方、セット価格でお得に購入したいかたは『楽々まとめ買い景品セット』をぜひご活用ください!


景品パークがおススメする『結婚式二次会景品』

景品パークがおススメする『結婚式二次会景品』

結婚式二次会といえば、みんなで盛り上がるゲーム!そして忘れちゃいけないのが景品ですよね!結婚式二次会は景品選びが成功のカギと言っても過言ではありません。景品パークでは、ゲストが喜ぶ景品を1,000アイテム以上ご用意しています。幹事さんは、ぜひチェックしてくださいね!


景品パークがおススメする『結婚式二次会虎の巻』

景品パークがおススメする『結婚式二次会虎の巻』

結婚式二次会の幹事を頼まれたけど何から始めたらいいのか分からないと悩んでいる幹事さん!景品パークでは結婚式二次会に関するお役立ち情報をまとめました。準備から当日の進行までこれさえ見れば結婚式二次会の全てが分かります。新郎新婦のために、盛り上がる結婚式二次会を開催しましょう!

結婚式二次会に景品セットがおすすめな理由を紹介!

結婚式二次会に景品セットがおすすめな理由を紹介!

結婚式の二次会には、参加者が楽しめるイベントやゲーム、そして景品が欠かせません。なかでもゲストに喜んでもらえて、パーティーをより盛り上げてくれる景品セットは、とくにおすすめです。この記事では、結婚式二次会に景品セットがおすすめな理由を、詳しくご紹介します!さまざまなアイテムが満載の景品セットは、参加者同士の交流を深め、思い出に残るイベントにしてくれます。
景品選びに頭を悩ます、新郎新婦や幹事さんは、ぜひ参考にしてくださいね!

目次

結婚式二次会に景品セットがおすすめな理由は?

ここからは、結婚式の二次会で景品セットをおすすめする理由を、3つご紹介します。結婚式の二次会の景品選びで意識したいのが、できるだけ手間を省き、コストを抑えつつも、バランスよく選ぶこと。景品セットを選ぶと、これらの課題を解決できるだけでなく、ゲストの満足度も高められますよ。

景品選びの手間が省ける

景品セットを選ぶメリットは、景品を選ぶ手間が省けることです。結婚式の二次会では、参加者が楽しめる景品を用意することが、パーティーの盛り上がりを左右します。しかしネットで商品を探したり、実店舗に足を運んだり、ひとつひとつ景品を選ぶのは、かなりの時間と労力がかかります。景品セットを利用すると、さまざまなアイテムがまとまっているので、選ぶ手間を省くことが可能です。準備にかかる時間やストレスを軽減できるので、当日、パーティーを心から楽しめます。

セットでお得に用意できる

景品セットを購入すると、それぞれ単品で景品を用意するよりも、コスパがよくなる場合があります。というのも、景品セットは複数のアイテムをまとめて購入できるため、その分割安になることがあるのです。また、セット価格が明確になっているため、予算内で必要な数の景品を確保できます。結婚式や二次会は、なにかと出費がかさむもの。予算を抑えながらも、充実した景品を用意できるのも、景品セットがおすすめの理由のひとつです。

バランスよく商品が入っている

景品セットには、さまざまな種類の景品が含まれています。具体的には、グルメや生活雑貨、体験チケットなどがセットになっているものが多いです。バランスよく商品が入っていると、参加者の選ぶ楽しみが増えるだけでなく、興味や好みに合わせた商品を用意できます。内容のジャンルや新郎新婦にちなんだ景品を選ぶことで、より満足度も高まるでしょう。目玉景品から参加賞景品まで、喜ばれる商品が豊富に入っているので、景品選びに慣れていない方でも安心です。

景品パークがおススメする『楽々まとめ買い景品セット』

景品パークがおススメする『楽々まとめ買い景品セット』 結婚式二次会におすすめ『楽々まとめ買い景品セット』とは?

ここからは、結婚式二次会におすすめの『楽々まとめ買い景品セット』について、ご紹介します。「楽々」というフレーズの通り、忙しい幹事さんの負担を減らせる「景品パーク」イチオシの商品です。これまでに利用した幹事さんから、高評価の声が多く届く『楽々まとめ買い景品セット』の特徴や魅力を、5つ解説します。

渡す人数や予算に合わせて選べる

景品を渡す人数や予算を考えながら、喜ばれる景品を探すのは、かなり大変…。しかし『楽々まとめ買い景品セット』は、人数や予算に幅広く対応しているため、探す手間を省けます。とくに結婚式二次会では、景品に使える予算が限られているケースがほとんどです。

「予算内でできるだけ多くの人に渡したい」「豪華景品も揃えたい」など、どんなパターンにも対応できるのが、この商品の魅力といえます。また、ムダなく景品を用意することができるため、予算管理をスムーズに行えるのも、うれしいポイントです。

低予算で用意したい方にもピッタリ

低予算で景品を用意する場合でも『楽々まとめ買い景品セット』はピッタリ!景品セットというと、高い商品も多いですが「景品パーク」では、1万円以内の景品セットも充実しています。『楽々まとめ買い景品セット』では、価格が安いからといって、品質が低いということはありません。低価格の景品セットでも、質と満足度が高い景品が用意できるので、チープな印象になる心配はありません。また、セットでお得に購入できるため、個別で用意するよりも、コストを抑えられるといったメリットもあります。

幅広い年代に喜ばれるものが揃っている

『楽々まとめ買い景品セット』には、幅広い年代に喜ばれるアイテムが揃っています。たとえば、ブランド肉や生活家電、体験チケットやギフトカードなど、年代問わず喜ばれるアイテムが豊富です。ゲームや景品を通して、参加者同士の交流が深まるのも、結婚式二次会の醍醐味。

幅広いゲストに喜ばれるアイテムが充実した景品セットは、二次会の雰囲気をよりあたたかいものにしてくれるでしょう。ゲストの年代にあまり差がなければ、男女問わず使える生活雑貨や、家族・友人と楽しめる体験チケットのセットを選ぶのがおすすめです。

セット内容が選べる商品も充実している

「景品セットを利用したいけど、内容にもこだわりたい!」そんな幹事さんにも『楽々まとめ買い景品セット』はピッタリです。各価格帯から好きな商品が選べるため、自由度が高く、参加者に合わせて内容を選べます。選べる内容も豊富なだけでなく、目を惹く目玉商品も多いので、パーティーが盛り上がること間違いなし!満足度の高い景品を用意できるだけでなく、予算オーバーの心配がないのも、おすすめポイントです。

表彰式が盛り上がる『パネもく!』も入っている

『パネもく!」とは、景品パネルが付いている、パネル付き目録のこと。景品パネルはインパクトがあり、会場が大きく盛り上がるため、結婚式二次会にはもってこいです。『パネもく!』が入った景品のメリットは、ゲストが持ち帰る負担を減らせること。冷蔵・冷凍が必要な食品や、重い家電などの景品は後日発送なので、荷物がかさばる心配もありません。またお食事券や体験チケットといった、見た目にあまりインパクトがない景品にパネルがあると、見栄えがよくなるため、おすすめです。

景品パークがおススメする「パネもく!」の景品ギフト

景品パークがおススメする「パネもく!」の景品ギフト 結婚式二次会は景品パークの『楽々まとめ買い景品セット』がおすすめ

結婚式二次会の景品選びに悩んでいる人は、少なくありません。しかし『楽々まとめ買い景品セット』を利用すれば、幹事さんの負担を減らしながら、参加者が笑顔になれる景品を用意できます。また予算が10万円以上になる場合は、景品コンシェルジュのご利用が可能です。

景品コンシェルジュとは、予算や人数はもちろん、イベント内容などに合わせて、専任スタッフが景品を選ぶサービスです。「景品パーク」では、今回ご紹介した景品セット以外にも、豊富な景品を取り揃えています。参加者全員が楽しめる景品を用意して、思い出に残る結婚式二次会を企画しましょう!


景品パークがおススメする『景品コンシェルジュサービス』

景品パークがおススメする『景品コンシェルジュサービス』

景品パークがおススメする『結婚式二次会景品』

景品パークがおススメする『結婚式二次会景品』

結婚式の二次会では、ゲームを盛り上げてくれる景品が欠かせません!景品パークでは、参加者が驚く豪華景品から、会場みんなが笑顔になれるおもしろ景品まで、幅広くご用意しています。迷ったら、まずはランキングをチェックするのがおすすめです♪


景品パークがおススメする『結婚式二次会虎の巻』

景品パークがおススメする『結婚式二次会虎の巻』

「結婚式二次会の会場はどんなところがいいの?」「そもそもなにから始めたらいいのかわからない」景品パークがご用意する『結婚式二次会虎の巻』は、そんな幹事さんの強い味方!お役立ちコラムを参考に、みんなの思い出に残るパーティーを作り上げましょう!

福島県のご当地グルメおすすめ8選!福島県の魅力も紹介

福島県のご当地グルメおすすめ8選!福島県の魅力も紹介

福島県は北海道、岩手県に続き、日本で面積第3位を誇る都道府県です。磐梯山のような広大で雄大な自然や色の変化がさまざまで美しい五色沼、浄土平や雄国沼の散策など、魅力的な観光スポットに溢れています。また観光スポットだけでなく、地元民に長年愛されているご当地グルメやソウルフードも。この記事では福島県の魅力やご当地グルメについて紹介します。

目次

福島県はどんなところ?魅力は?

福島県はどんなところ?魅力は?

福島県は二本松提灯祭りのような370年も続く伝統的なお祭り、会津さざえ堂や鶴ケ城のような歴史的な建築物、会津塗や赤べこのような郷土玩具、さまざまな文化で溢れています。さらに伝統文化だけでなく南北に連なる阿武隈高地と奥羽山脈を境にしてさまざまな気候や特色を持ち、豊かな自然に囲まれているのも特徴的です。

福島県のご当地グルメおすすめ8選!

福島県のご当地グルメおすすめ8選!

伝統的な文化や有名な観光地だけでなく、福島県にはご当地グルメもたくさんあり、観光の際には食べないともったいないソウルフードがいっぱいです。ここからは福島県のご当地グルメを8選ご紹介します!皆に知られているものから、そうでないものまで紹介していますので、ぜひ読んでみてくださいね。

①喜多方ラーメン

日本三大ラーメンのひとつとして有名な福島ご当地ラーメン“喜多方ラーメン”。昭和初期ごろに屋台で販売されていた「支那そば」が元祖とされています。喜多方市内だけでもなんと120店舗以上もの店舗があるそうです。

濃厚さがたまらない醤油魚介系スープをベースとしており、麺は熟成多加水麺の太麺なのが特徴。また、全国的にも認知度の高まった「朝ラー」こと朝ラーメンも、もともと喜多方市内の方々に朝ラーメンを食べる習慣があったことから始まったとか。あっさりとした醤油ベースのスープは朝の爽やかな気分にピッタリです♪

②会津カレー焼きそば

福島県の会津地方で食べられているローカルフードである“カレー焼きそば”。昭和50年創業のトミーフードという店が元祖とされていて、福島の代表的なご当地グルメです。ソース焼きそばがベースですが、なんとその上にカレーをふんだんに乗せちゃいます♪カレーだけでなく、会津地方のお店では目玉焼きやカツなど、焼きそばやカレーにも合うトッピングをしてオリジナリティあふれるカレー焼きそばが出回っているとか。地元の人に愛され、給食にも出てくるほどのローカルフードです。ぜひ一度ご賞味あれ!

③どぶ汁

福島県南部から茨城県沿岸部にかけて伝わる昔ながらの料理で、あんこう鍋の元とも言われているそうです。名産であるあんこうを船の上で食べた猟師料理が始まりであると言われています。あんこう鍋との大きな違いは水を使わないこと。

あん肝を炒めた鍋にあんこうと野菜を好きな分だけ入れ、あんこうの身や野菜からでた水分と味噌で味付け♪旨味だけでなく栄養も凝縮されたあんこうが舌にとろけます。作り方にコツが必要なため家庭ではあまり作られず、どぶ汁が味わえる場所は福島県県南の一部に限られつつあるようで、付近まで行く予定があれば、ぜひ食べてみたい一品です。

④円盤餃子

文化庁の令和3年度食文化機構醸成事業「100年フード」に認定された福島市を代表するご当地グルメ“円盤餃子”。餃子と聞くと宇都宮や浜松が有名ですが、実は福島市も知る人ぞ知る餃子の街です。福島の円盤餃子は油が多めなのが特徴で、皮の白い部分は一般的な餃子とほぼ同じ食感ですが、焼き目がついた方は揚げ餃子のようにカリッとした食感が特徴的。さらに、噛みしめると白い蒸し焼き部分のもっちりとした食感とカリッとした食感が合わさり、やみつきになってしまう程の魅力が包まれています♪

⑤いかにんじん

福島県では欠かせない正月料理として親しまれている“いかにんじん”。するめいかをじっくりと漬け込むことで、いかの風味と旨みを一緒に味わえる一品です。松前漬けのルーツともいわれており、白いご飯だけでなくお酒のおつまみにしても絶品です。100年以上前から食べられていて、家庭によって味付けが異なったり、スナック菓子の味になっていたり、炊き込みご飯などのアレンジレシピが出回っていたりと、地元民にさまざま形で愛されているローカルフードです♪

⑥ねぎそば

添えられた1本のネギを箸代わりに使って食べる大内宿名物の“ねぎそば”。初めて見ると見た目でビックリする人が多数ですが、だし汁ではなく辛味大根の汁をつけて食べるのもビックリです。かじれば薬味にもなるネギがドンと乗ったねぎそばは、一度食べるとまた食べたくなる魅力があります。福島県南部にある大内宿は、江戸時代の宿場町の風景が魅力の人気観光スポットでもあります。大内宿に行ったらぜひ召し上がれ!

⑦桃

誰もが一度は聞いたことあるであろう福島が誇る名産の桃。福島県は全国の桃生産量の20%以上を占めています。福島県は夏の日射しが強く、生育に適した気象や環境を有し栽培された優良品種である「あかつき」など、糖度が高くおいしい桃が多く生産されます。果実に袋をかけない栽培方法で、太陽の光をたっぷり受け、甘味だけでなく色付きがキレイな桃。福島県人が日々努力を積み重ねてきた絶品の桃は老若男女におすすめです。

⑧大根のゆず巻き

スライスしただいこんでゆずの皮を巻き2~3日間ほど甘酢に漬けた郷土料理“大根のゆず巻き”。寒冷地で栽培されるゆずは、温かい地方のゆずと比べて香りが強く肉厚なのが特徴的で福島では秋の祭りや正月に必須の一品です。昔は定番の家庭料理として福島の食卓で欠かせない存在でしたが、近年では各地で人気があり、うどんの薬味として添えられることも多々。一度食べると病みつきになる大根のゆず巻きは、サッパリとしてどんな料理にでも合う一品です。

福島県のご当地グルメはイベント景品やギフトにもぴったり!

福島県のご当地グルメはイベント景品やギフトにもぴったり!

福島県に行ったら“一度は食べてみたい!”、“食べないともったいない”おすすめのご当地グルメを紹介しました。本来その地域に行かなければ食べられないご当地グルメでも、景品パークを利用すれば、ご自宅で美味しい料理と旅行気分が味わえます♪

さらに、景品パークの『パネもく!』ならプレゼントする人も、貰った人も、ご当地グルメを選ぶ楽しみが加わり、互いに大満足です!またグルメは、相手にとっても気兼ねなく受け取れる点がメリットも◎イベント景品やギフトをお探しの方は、ぜひ景品パークでご当地グルメを選んでみてはいかがでしょうか!


景品パークがおススメする『ご当地グルメ景品』

景品パークがおススメする『ご当地グルメ景品』

気候や風土など、地域によって特産がたくさんある日本は、まさに食のエンターテイメント。南北に長い日本では地域によって特産やご当地グルメがさまざまで、食べても食べても食べ尽きることはありません。現地に行くことが難しくても気軽に食べられるご当地グルメは、景品やギフトには最適です!景品パークでは、さまざまなグルメを取り揃えています。


景品パークがおススメする『幹事さん虎の巻』

景品パークがおススメする『幹事さん虎の巻』

結婚式二次会やゴルフコンペ、会社のちょっとしたイベントなど、さまざまなシチュエーションで求められる幹事さん。景品パークはそんな幹事さんの味方です!イベント幹事さんのためにお役立ち情報や準備から当日の進行する際の参考情報など多数ご用意!こちらチェックしてイベントを大成功させましょう!

青森県の人気ご当地グルメ8選!景品やギフトとしても喜ばれる!

青森県の人気ご当地グルメ8選!景品やギフトとしても喜ばれる!

青森県は世界遺産に登録されている白神山地や、歴史的なスポットである弘前城や三内丸山遺跡など魅力的な観光地が数多くあります。全国的なりんごの生産地としてご存じの方も多いですよね。そのほか、青森県は漁業や農業も盛んで特産物を使った郷土料理も楽しめます!

そこで今回は、青森県の人気ご当地グルメを8選紹介します。昔から伝わる郷土料理から「どんな味がするの!?」と不思議なネーミングのご当地グルメなど幅広く紹介します。青森県へ旅行を検討している方や、ご当地グルメから旅行先を決めたい方はぜひ参考にしてくださいね!

目次

青森県ってどんなところ?

青森県ってどんなところ?

本州最北の青森県は、自然や歴史にちなんだ観光スポットが数多くあります。東青エリアでは全国的にも有名なねぶた祭りが開催され、中南エリアは重要文化財や史跡に指定されているスポットがあり、歴史情緒あふれる街並みを感じられます。冬には、ウインタースポーツを目的に観光客が訪れる人気の地域です。

また、西は日本海、北は津軽海峡、東は太平洋と三方が海に囲まれていて漁業・養殖業が盛んに行われています。カロリーベースの食料自給率が100%を超え、日本の食を支える全国でも有数の農業産出国です。なかでも、りんご・にんにく・ごぼうの生産量は全国1位を誇っています。このように、豊かな自然に恵まれた青森県は一次産業が盛んで、豊かな食材と地域によって異なる食文化が根付いています。

青森県の人気ご当地グルメ8選!

青森県の人気ご当地グルメ8選!

ここでは、青森県へ行ったら食べたい人気ご当地グルメを8選紹介します。海鮮にラーメン、果物などさまざまなジャンルをまとめました。青森県に行く際は、ぜひ参考にしてくださいね!

①せんべい汁

せんべい汁は青森県八戸地方の郷土料理で、きのこや野菜の出汁に鍋専用に作られたせんべいを入れて、肉や魚と一緒に煮込んだ料理です。おいしい出汁を吸ったせんべいはモチモチしていて、パスタのような食感が楽しめます!せんべいは鍋専用に作られているため、溶けにくいのが特徴です。

また、今では全国的なイベントとして有名になったB-1グランプリは、せんべい汁研究メンバーが八戸を持ち上げるために、第一回大会を八戸市で開催したのが始まりです。第7回B-1グランプリでは、ゴールドグランプリを獲得しています!

②津軽そば

津軽そばは、大豆をすり潰した呉汁がそばに混ぜられているのが特徴です。江戸時代、主食によく食べられていたそばのタンパク質を補うために、呉汁を混ぜた製法が生まれたようです。箸で持ち上げると切れてしまうほど柔らかく、もちもちとした食感と大豆のほのかな甘みを楽しめます。麵が切れてしまうため、汁をすするように食べるのが津軽そばスタイルです!

③黒にんにく

青森県は、にんにくの生産量が日本一で国内出荷量の7割を占めています。1片が大きく、雪のような白さと甘みが強いのが特徴です。その良品質なにんにくを、数週間熟成発酵させたのが黒にんにくです!ドライフルーツのような食感と甘酸っぱい香りが特徴で、にんにく特有のにおいも少ないので女性も気にせず食べられるのが嬉しいですね。胃への刺激も少ないためそのまま食べられますが、薄くスライスしてサラダのトッピングや刻んでドレッシングに加えるのもおすすめの食べ方です!

④大間まぐろ

まぐろの中でも大型で、津軽海峡の荒波にもまれて引き締まった身と上質な脂が楽しめるのが大間まぐろです。伝統の一本釣りで引き揚げられる姿は、迫力満点!まぐろが弱る前に血抜きなどを行うため、鮮度を保ったまま出荷されます。まぐろ漁は例年8月頃から始まり、水温が低くなる秋から冬がまぐろの旬です。都内で食べようと思うとかなり高いですが、現地なら手頃な値段で食べられます。青森へ行ったら、新鮮でおいしい大間まぐろをぜひ食べてくださいね!

⑤青森味噌カレー牛乳ラーメン

青森県民が愛するご当地グルメの中でも、特に人気なのが青森味噌カレー牛乳ラーメン!インパクトなネーミングと白いスープから「おいしいの!?」と思われるかもしれませんが、味噌のコクとカレーの刺激、牛乳のまろやかさの配合が絶妙でクセになる味です!トッピングは、バター・もやし・メンマ・わかめが一般的でスープと麺との相性抜群です。スパイスの辛さはありますが、味噌と牛乳、バターがまろやかにしてくれるので辛いのが苦手な方でも食べられますよ!

⑥いちご煮

いちご煮は果物のいちごではなく、八戸周辺で水揚げされたウニやアワビをお吸い物風に仕立てた郷土料理です。ウニを熱湯につけると、キイチゴのように見えることからこの名が付きました。もとは漁師飯でしたが、現在ではお正月やお祝いの席で食べられています。階上町では毎年7月下旬にいちご煮祭りが開催され、いちご煮のほかウニやアワビの炭火焼きなどが販売されています。青森だからこそ楽しめる新鮮なウニやアワビを、ぜひ食べてみてくださいね!

⑦しじみラーメン

津軽半島にある十三湖は淡水と海水が交わる汽水湖で、特産物であるヤマトシジミが生息しています。十三湖周辺では、ヤマトシジミを使用したカレーやしじみ丼などが楽しめますが、中でもぜひ食べてほしいのがしじみラーメン!塩ベースのスープに、スープがよく絡む中太ちぢれ麺、トッピングにもしじみがふんだんに使われています。しじみのエキスがたっぷりのスープは絶品です!

⑧りんご

青森と言えばりんご!と思う方も多いですよね。全国の生産量の半分以上を占めており、県内で生産されているのは50種類ほどですが、中でも「ふじ」が1番多く5割を占めています。青森のりんごは9月~11月頃が旬で、時期によってさまざまな品種が収穫されます。県内のりんご農園では、りんごの収穫体験を行っていてその場で採れたてのりんごを食べることも可能です!種類によって甘みや酸味、食感も異なるため食べ比べてお気に入りのりんごを見つけてくださいね!

青森県の人気ご当地グルメはイベント景品やギフトにも◎

青森県の人気ご当地グルメはイベント景品やギフトにも◎

青森県に行ったら食べたい人気ご当地グルメを8選紹介しました!大間まぐろやりんごなどの有名な特産物から、味噌カレー牛乳ラーメンやいちご煮などの変わったネーミングの郷土料理までさまざまなグルメが楽しめます。旅行や出張で青森に行く際は、ぜひ青森ならではのご当地グルメを食べてみてくださいね!また、ご当地グルメはお家でも本格的な郷土料理が楽しめて旅行気分が味わえるため、イベント景品やギフトにもおすすめです!

世代や性別関係なく喜んでもらえるギフトのため、社内イベントや結婚式二次会などいろんな人が集まるイベントの景品に適しています。また、形に残るものは相手も気を遣いますが、グルメ景品なら気兼ねなく受け取れるメリットがあります。ギフトやイベントの景品を探している方は、青森のご当地グルメをぜひ選んでみてくださいね!


景品パークがおススメする『ご当地グルメ景品』

景品パークがおススメする『ご当地グルメ景品』

日本には、気候風土や文化に合った魅力的なご当地グルメがたくさんあります!家でも旅行気分が味わえるご当地グルメはイベントの景品やギフトにおすすめです。景品パークでは、北は北海道から南は九州までさまざまなご当地グルメを用意しています!お肉に海鮮、ラーメンなどジャンルもさまざまです。イベント幹事さんは、ぜひチェックしてくださいね!


景品パークがおススメする『幹事さん虎の巻』

景品パークがおススメする『幹事さん虎の巻』

イベントの幹事を任されたからには大成功させたい!と意気込んでいる幹事さんのために、景品パークではお役立ち情報をまとめました!準備編から進行のトーク例、盛り上がるゲームや景品について紹介しています。結婚式二次会やゴルフコンペなどさまざまなシーン別の情報もまとめました!これさえ見れば幹事さんの全てが丸分かり!幹事さん必見です!