RSS

【お知らせ】台風15号の影響による出荷遅延について詳しくはこちら

【お知らせ】消費税率改正に関するお知らせ詳しくはこちら

【九州地域のお客様】九州北部を中心とした大雨の影響による配送遅延について。詳しくはこちら

忘年会お役立ち情報!準備編【予算を決める】

ちょっと多めの予算設定がコツ!【予算を決める】

どんな忘年会でも共通のことですが、幹事さんの持ち出しは絶対NG。予算内で開催できなければただ「予算管理ができなかった残念な幹事さん」という不名誉なイメージが残るだけです。

一般的に忘年会の一人あたりの予算は4~5千円ですが、ドタキャンや景品分を差し引いて、全出席者の7割程度が出席する試算で会費を徴収するのがベストです。会社から忘年会費が全額出るのか、一部負担制度があるのかも要確認ポイント。

社長や部長に事前に多めの会費をお願いする手もアリ。その際は当日、みんなの前で「●●部長から今回の忘年会のためにご厚意を頂きました!」と発表する気配りも大切。もし予算が余ったら、料理の追加注文や二次会の予算にまわすなどして上手に活用しましょう!!

忘年会の予算を決めるPOINT!

  • 当日の予算不足で幹事さんの持ち出しになるのはルール違反!
  • 社長や部長には事前に多めの会費をお願いしてみましょう!